クレジットカード現金化の注意すべきデメリット3選をご紹介!

MENU

クレジットカード現金化を利用するデメリットとは?

クレジットカード現金化を利用するデメリット

 

クレジットカード現金化には多くのメリットがあり、お金が困っている人にとって役立つ資金調達の方法です。

 

しかし、その反面、現金化にもデメリットも存在しています。

 

メリットを知っておくことも良いことですが、デメリットも知っていなければ現金化で後悔することになりかねませんよ!

 

今回はクレジットカード現金化のデメリットについてお話しますので、現金化を利用する前に知っておきましょう。

 

≪関連ページ≫
クレジットカード現金化のメリット5選 - 賢い資金調達方法教えます

 

クレジットカード現金化のデメリット3選

現金化の悪徳業者の存在

クレジットカード現金化を利用するデメリット

 

クレジットカード現金化には多くの悪徳業者が存在しています。

 

そのため、現金化業者の比較は厳格におこなわなければ騙されてしまうのです。

 

悪徳業者に騙されてしまえば、利用金額をすべて盗まれてしまったり、クレジットカードが不正利用されてしまうことになります。

 

どちらにしても多くの借金を抱えてしまうことになりますので、悪徳業者を利用してしまう可能性があるというのは現金化の大きなデメリットと言えるでしょう。

 

≪悪質業者について詳しくはこちら!≫
クレジットカード現金化の悪質業者の詐欺の手口

 

クレジットカードが利用停止になるリスク

クレジットカード現金化を利用するデメリット

 

現金化はクレジットカード会社の利用規約によって禁止されています。

 

そのため、カード会社に現金化行為が発覚した場合、クレジットカードが利用停止にされてしまうのです。

 

発覚しなければ、クレジットカードが利用停止になることはありませんが、カード会社も厳しく見張っていますので現金化を利用するときはカード会社にバレにくい方法での取引をおこなうように注意しなくてはなりません。

 

≪カード会社にバレにくい現金化の方法とは?≫
クレジットカード現金化を利用停止にならずに安全に使う方法まとめ

 

実質的な金利が高い

クレジットカード現金化を利用するデメリット

 

クレジットカード現金化には換金率が存在しており、利用したショッピング枠の100%が現金に換金されるわけではありません。

 

そして、現在の換金率の相場は70%~80%となっています。
これを実質的な金利とすると20%~30%です。

 

法定金利は20%までと定められていますので、クレジットカード現金化の金利は高いと言えます。

 

即日中にお金を手に入れる代わりに、支払う金額が大きくなっていますので、無茶な利用をしすぎると多くの借金を抱えてしまうことになるリスクの持った方法なのです。

 

≪あわせて読みたい関連ページ≫
現金化の換金率・還元率とは?その仕組みをまるごとチェック!

 

クレジットカード現金化のデメリットを把握しておこう!

クレジットカード現金化を利用するデメリット

 

いかがでしたか?

 

クレジットカード現金化は、多くの比較サイトではメリットしか語られていませんが、デメリットもある方法です。

 

どんな物ごともメリットだけのモノなのあり得ませんので当然かもしれませんね。

  • 悪徳業者に騙される危険性
  • クレジットカードが利用停止になるリスク
  • 現金化の換金率の存在

このようなデメリットのある方法なので、現金化を利用するときは充分に注意してくださいね。

 

また、これらのデメリットは現金化の優良店を利用することで無くすことが可能です。

 

優良店を利用すれば悪徳業者に騙されることも、クレジットカードが利用停止になることもありません。

 

換金率も高く設定されていますので、他の資金調達方法より安い金利で取引もすることも可能なのです。

 

クレジットカード現金化の優良店はこちらで紹介していますので、

 

「クレジットカード現金化を利用したい」

 

「現金化で今すぐにお金を用意したい」

 

という方はこちらを利用することをオススメします。

 

クレジットカード現金化の安心安全の優良店ランキングbest10