クレジットカード現金化には常にカードの利用停止のリスクがある方法です。

現金化の利用方法を間違えれば、カード会社にバレやすい取引となってしまいます。

それが原因で「クレジットカードが利用停止になった!」という人もいるほどなので、現金化をするときは充分に注意しなくてはなりません。

ですが、そもそもなぜクレジットカード現金化はカード会社にバレてしまうのでしょうか?

今、日本全国には2億枚以上のクレジットカードがあり、それぞれがクレジットカード取引をしています。

となれば、毎日最低でも2億回以上の取引がされているということです。

その中からどうしてクレジットカード現金化の取引だけが抜き出せるのか不思議ですよね。

とても気になりましたので、今回はクレジットカード現金化が利用停止になる理由と対処法について調べてきました!

なぜ、クレジットカードが利用停止になるのか。

クレジットカード現金化がカード会社に発覚する理由は何なのか。

カード会社にバレない安全な現金化の方法は無いのか。

そんな現金化利用者の疑問をすべてお答えしますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

クレジットカード現金化は利用規約で禁止されている

クレジットカード現金化を利用停止にならずに活用する方法

クレジットカード現金化はカード会社に利用規約によって禁止されている行為です。

そのため、現金化は逮捕されることはありませんがクレジットカードが利用停止になるリスクがある方法なのです。

カード会社に現金化がバレてしまえばクレジットカードは利用停止になってしまいますので、現金化を利用するときはカード会社にバレないように細心の注意を払いながら活用していかなければなりません。

なぜクレジットカード現金化がバレてしまうのか?

なぜクレジットカード現金化がバレるのか考える

現金化で利用停止になったという話を目にすることがありますが、利用停止が発覚したときはさまざまです。

カードで買い物をしようとしたら決済できなかったり、カード会社から直接電話がかかってくるなどのケースがあります。

では、なぜクレジットカード現金化がバレてしまうのでしょうか?

それは、カード会社が商品に対して厳しい監視の目を向けているからです。

基本的に、カード会社はロボットを使って現金化を監視しているのですが、すべての取引を監視することまではできません。

そこで、現金化によく使われる商品の購入だけに絞って現金化を防止しているのです。

  • ブランド品
  • ゲームハード
  • 商品券
  • 金券
  • 新幹線の回数券

このような換金性の高い商品は、現金化によく使われますのでカード会社からも監視されています。

これらの商品を不自然に購入してしまうと、カード会社のロボットが自動的にピックアップする仕様になっていますので、これらの商品は購入しないようにしましょう。

利用停止になりにくいクレジット現金化の方法

現金化目的のクレジットカードの使用は利用規約にも禁止されている行為なので安易に現金化をすればあえなく利用停止に陥ってしまう危険性があります。

では、利用停止になりにくい現金化の方法はあるのでしょうか。

実は現金化業者を利用をすれば安全に現金化できる可能性が増します。

もちろん優良店を利用するということが前提ですが。

利用停止になりにくいキャッシュバック方式の現金化

クレジットカード現金化を利用停止にならずに活用する方法

利用停止になりにくい現金化の方法はキャッシュバック方式です。

先ほど、「カード会社は高額で売却できる商品を見張っている」とお話しましたよね。

ですが、キャッシュバック方式の場合、現金が特典についた商品なら何を売買しても問題ありません。

そのため、キャッシュバック方式での現金化はカード会社にバレにくい方法となっているのです。

また、もし取引が見つかったとしても、カード会社からわかるのは利用者がいつも通りにショッピングをしたということだけです。

その商品を売ったりなんてこともしませんので、カード会社がキャッシュバック方式の現金化を見破ってクレジットカードを利用停止にしてくるということは相当考えてにくいことなのです。

利用停止になるかも?買取方式は微妙?

クレジットカード現金化を利用停止にならずに活用する方法

換金性の高い商品は、自分でする現金化や商品買取方式でよく使われるモノです。

そのため、クレジットカード利用停止のリスクは非常に高くなっています。

高い換金率を得る代わりにリスクも高まっていますので商品買取方式の現金化は止めておいたほうが良いでしょう。

どうしても、商品買取方式の現金化がしたいのであれば、amazonギフト券の現金化がオススメです。

amazonギフト券のEメールタイプはクレジットカードでしか購入することができず、多くの利用者が毎日購入しています。

そのため、現金化目的の取引を見つけづらく、安全に現金化をするのに向いている商品となっているのです。

≪amazonギフト券現金化についてはこちら!≫
amazonギフト券現金化について超カンタンに解説

まとめ

自分でする現金化や商品買取方式は、換金率を上げえるために換金性の高い商品を購入しなければなりません。

そのため、カード会社に現金化行為がバレやすくなっているのです。

安全に現金化をしたいと思っているのであれば、キャッシュバック方式の現金化をオススメします。

換金率こそは上記より低くなってしまいますが、クレジットカードが利用停止になってしまえば利用代金を一括請求されるなど良いことは1つもありません。

クレジットカードを安全に利用するためだと考えれば、多少の手数料は安いものではないでしょうか?

みなさんもリスクを抑えて安心安全に現金化を利用してくださいね。

また、キャッシュバック方式の優良店はコチラのランキングでも紹介しています。

口コミ評判の高い業者だけが紹介されていますので、ぜひこちらもご覧ください。

クレジットカード現金化の安心安全の優良業者ランキング