換金率を引き下げてくる悪質な現金化業者の手口まとめ

MENU

現金化業者の換金率は記載とは異なる

現金化業者の換金率は記載とは異なる

 

多くの方が業者の選定基準として最も重視する項目はやはり換金率ではないでしょうか?

 

換金率が高ければより多くの現金を手にする事ができ余計な手数料を業者に払わなくて済みますし、その分決済金額も抑えられます。

 

クレジットカード現金化を利用する方はさまざまですが、高額な現金化を行う方も少なくありまので利用金額が高ければ高いほど1%違うだけで金額はの変動も大きく異なります。

 

例えば10万円の1%は1000円、100万円の1%は1万円となりますので1%でも高く換金したいのは当然のことです。

 

現金化サイトを覗けばどの業者も90%以上の換金率を謳っていて、本当に90%以上で利用できたら負担も少なくて助かることでしょう。

 

しかし残念なことに表記されている換金率と実際に振込まれる金額が異なり90%以上の換金率で振込まれることはあまりありません。

 

一定の条件を満たせば90%以上で取引できるのですが申し込みをしてくる利用者の中にはその条件を満たす方は稀です。

 

一定の条件とは利用金額がそのほとんどで、数百万円の利用をしないと条件を満たさないというものです。

 

ですが広告には最大90%以上などと書かれていても、比較的優良な業者では問い合わせるとその説明はしっかりとしてくれて振込金額まで教えてくれます。

 

大体換金率の相場は80%前後となりますので伝えられた振込金額がその範囲内であれば問題無いでしょう。

 

しかし、その一方で悪質現金化業者はその相場を大きく下回る換金率を提示してあの手この手で引き下げてきますので注意が必要です。

 

表記されている高い換金率は利用者を呼びこむためのものですので見た目だけでは相場を下回る換金率で取引をする悪質現金化業者か判断がつきません。

 

ですから手続きを進めていき振り込む直前あるいは振込まれてから悪質業者と契約してしまったっときずくことが多いようです。

 

では悪質現金化業者の手口とはどのようなものなのでしょうか?

 

換金率をさげる悪質現金化業者の手口

換金率をさげる悪質現金化業者の手口

利用者の多くの方が広告通りの換金率でクレジットカード現金化ができるのが気になり問い合わせをすると思いますが悪質な現金化業者はさなざまな理由をつけ低い換金率で現金化を行います。

 

もっとも多いのが換金率で換算した金額から手数料を差し引く手口です。

 

悪質現金化業者と言われるところは共通して換金率は表記通り行いますが、それぞれの業者が定めた手数料を差し引き実際に振込まれる金額を換金率に当てはめると70%をきるところもあります。

 

例えば20万円換金する場合、90%の換金率であれば18万円になります。

 

ここから諸経費として手数料を5万円引かれてしまうと振込金額は13万円で実際の換金率は65%になり90%とは大きくかけ離れてきます。

 

何度も言いますが手数料を差し引かれたとしても相場の範囲内であれば良いのですが、大きく下回るところは悪質と言えます。

 

申し込む際に確認できて大幅な手数料が引かれる事をしっていたらおそらく取引はしていないと思いますが、これも悪質業者の共通の手口で振り込む直前に手数料の話をするのです。

 

そしてもっとも恐ろしいのは何も言わず何を差し引いたかわからないまま振り込をする、詐欺行為ともとらえられる大胆な業者も少なからずいるようです。

 

もし振込の直前に手数料の話をされ話と違うからキャンセルを申し出たとしてもキャンセル料を請求され業者の言われるがまま泣き寝入りをする方もいるくらいです。

 

ですから振込金額は必ず確認してなにが引かれているのかしっかり把握しておきましょう。

 

現金化業者が請求する手数料などの項目

・事務手数料
業者が定める手続きに掛かる手数料です。業者のさじ加減であることが多いのであまり高額な場合取引は控えたほうが良いでしょう。

 

・決済手数料
クレジットカードを決済するための手数料です。カード会社によって決済手数料が違います。例えば、JCBカードは決済手数料が他より高いので、換金率が他と比べて低くなるのはこのため。

 

・代行手数料
商品購入を代行して行う業者ではこの名目で手数料を引くところもあります。事務手数料に似ており金額は業者のさじ加減です。

 

・振込手数料
銀行口座に送金する際に掛かる手数料です。各銀行では数百円の手数料がかかります。

 

・商品送料
クレジット決済した商品を送るために掛かる料金で大きさ、輸送距離に応じて変動します。

 

・消費税
現在では消費税は8%です。アマゾンギフト券など金券類は消費税は適用外になります。

 

・登録料
ごくまれに登録料を請求してくる業者があるようですがほとんどの業者は登録制ではありません、登録することによりそれに見合うサービスが受けられるのであれば良いのですが…


換金率を引き下げる罠にはまらないために

換金率を引き下げる罠にはまらないために

換金率を下げる理由は手数料以外にもいくらでもあります。

 

例えば、「在庫がたくさんあるからその金額では買い取れない」、「2回め以降の利用から換金率は高くなる」などこじつけと言わんとばかりにあれこれ出てきます。

 

ひとつ言えることは確実に90%以上の換金率は実現しないということ。

 

換金率ばかりに気を取られて相場や内訳を知らないでいるとますます悪質業者のカモになることは間違いありません。

 

数百社とある業者を片っ端から調べあげるのは不可能ですし10社も問い合せたていたらさすがに心折れてしまいます。

 

ましてや急ぎで現金が必要ならば、換金率ばかり気にして損する条件で契約してしまうくいらいなら相場をしっかり理解しておくほうがよっぽどリスク回避になります。

 

加えて振込金額を確認すれば、本当の換金率で比較できるので諸経費などの手数料はそこまで気にならなくなるのではないでしょうか?

 

実際の換金率が80%前後で即日現金化できる業者を探すなら現金化即日業者リストから選んで見てはいかがでしょうか?

 

即日現金化のトップページに戻る