ビットコインで現金化する方法は…
取引所と言われるビットコインを販売しているサイトでクレジットカードを使い購入をして売却する
以上です。
とても簡単です。。。
と言いたいところですがいくつか押さえないといけないポイントがあります。
ビットコインとは
押さえるべきポイント
すぐにビットコインの現金化方法を知りたい方は押さえるべきポイントへ進んで下さい。
「え?、ビットコインって何?」という人はビットコインとはをご参照下さい。
特に現金化する人にとって安全に現金化できれば何も問題ないと思いますのでビットコインについては簡単に説明する程度に留めておきます。気が向いたらで良いので読んで下さい。

ビットコインとは

ビットコインとは

ビットコインとはsatoshi nakamotoという人物の論文に基づき2009年頃に運用され始めてた仮想通貨の一種です。
全世界のどこからでも送金が非常に低いコストで行なえることが特徴とされています。
ただし送金に掛かる時間はトランザクションの混み具合によりまちまちという難点もある。
なお、日本円でいう中央銀行のような特別な機関がありません。
ビットコインは現存するもので価値を例えるなら金(gold)と言えます。
ビットコインは存在する枚数には上限があり中央集権的な機関が存在しないため有事の時は金(gold)のように価値が高まります。
電子的な記録という性質上、取引所がハッキング(銀行強盗のような)などの被害を受けると著しく価値が下がってしまします。
まだ世間的な認知度が低くヤバいものみたいに思われがちですが世界中ではビットコインを各国の通貨に換えて引き出せるATMの設置もうなぎ昇りとなっているのでその価値を確立しつつあります。
戦争や紛争が多い地域では国は信用できないのでビットコインを持っていたほうが何十倍も安全とされている地域もあるくらいです。
中国やインドではいち早くビットコインを取り入れる動きもでてきています。
2016年11月にはインドで高額紙幣を廃止する流れとなり国を挙げて仮想通貨を取り入れ紙幣からキャッシュレスを推し進める動きがありました。
仮想通貨の代表格であるビットコインは各取引所で購入ができ売却もできます。購入方法は現金でもクレジットカードでもできます。
ですからクレジットカードで購入したものを売却すれば現金化は容易にできてしまします。
為替のようにビットコインの価値の変動が激しい側面も持っているので厳密に言えば購入のタイミングや売却のタイミングを見計らう必要が出てくる場面も留意しなければなりません。

ビットコインを現金化する方法|押さえるべきポイント

ビットコインを現金化する方法

ビットコインを現金化する方法で押さえておきたいポイントは取引所によってクレジットカードで購入できる限度が変わってくるということ。
上限は本人確認をすると上がったりしますので各取引所の条件を調べると良いでしょう。
また、なりすましでビットコインの現金化を悪用された事例もあり逮捕者もでているので取引所もいろんな意味でビットコインの現金化には目を光らせています。
基本的にクレジットカードの利用規約で換金目的の利用は禁止されていますからこれはもはや常識となりつつあります。
そしていちばん大事なポイントがクレジットカードで購入したビットコインは1週間程送金や日本円に換えて出金することができません。
なので即日現金化はできないので注意が必要です。
その日のうちに現金が欲しいなら現金化の専門業者を利用したほうが時間も手間も有効に活用できるのではないでしょうか。
1週間以上必要な日にちまで期間がある場合は利用してもいいといえます。
そしてビットコインの現金化では換金率が少し特殊です。
簡単に言えば為替の相場と同じで常に取引価格が変動しています。
なので安くクレジットカードで購入して高く売れば換金率100%以上も簡単に可能となります。が、逆もまた然りで購入価格より相場が下がっているとその分換金率が下がります。
常に価格変動のリスクがありますので自己責任で行ってください。
ちなみにクレジットカードで購入するとカード手数料が上乗せされているので100%以上の換金率を狙って行うことは少々ハードルが高いかもしれません。
売却のタイミングを誤ると大きな損がでる可能性がある事も十分に取引内容を理解する必要があります。
現在ではビットコインの取引所を利用する本来の目的は半数以上が投資目的であり、その他は海外への送金や表に出せないお金の洗浄(マネーロンダリング)に使われています。もちろんビットコインを悪用して犯罪を行う輩もでてきています。

即日現金化のトップページに戻る