クレジットカード現金化には、複数のサービス形態が存在しており、その中には商品買取方式があります。

商品買取方式とは、

  1. クレジットカードで換金性の高い商品を購入
  2. 現金化業者に送る
  3. お金が銀行口座に入金される

このような手順でショッピング枠を現金に換金することを言います。

カンタンに説明すると転売でショッピング枠を現金にするということですね。

このようにクレジットカード現金化は本当なら現金として扱うことができないショッピング枠をお金にすることができますので、大変優れたサービスなんです。

しかし、この商品買取方式の現金化ですが、
「商品買取方式の現金化は違法だ!」
との声も多くあがっています。

はたして、商品買取方式での現金化は違法なのでしょうか?

商品買取方式に関する法律からその違法性を探っていきましょう。

商品買取方式に関する法律は古物営業法

クレジットカード現金化の商品買取方式について

先ほども言いましたが、商品買取方式は商品の転売をおこなって現金化をします。

そのため、適用されるのは中古品売買のときに適用される古物許可法となります。

古物営業法で定められていることは、

  • 本人確認をおこなってから中古品買取をすること。
  • 自分が売却した商品を買い戻すのは禁止。
  • 古物の売却のみで買取をおこなわないのは禁止。

この3つです。

こうしてみるとクレジットカード現金化はどれも違反はしていませんね。

自分で売却した商品の買戻しはおこなっておらず、買取もおこなっています。

また、利用時には本人確認をおこなっています。

このことからクレジットカード現金化は古物営業法には違反していないということになります。

とはいえ、これでまったく違法になったというワケではありません。

商品買取方式の現金化には違法性がまったくなかったものの、利用者のおこなう購入した商品を売却するという行動が問題となる可能性もあったのです。

商品の転売は横領罪・詐欺罪に該当する

クレジットカード現金化の商品買取方式について

商品買取方式では、クレジットカードで購入した商品を現金化業者に売却します。

現金で購入した商品を売ったら、ただ損しただけになってしまいますので当然ですよね。

しかし、クレジットカードで購入した商品はその支払いが終わるまで所有権はカード会社にあります。

これは所有権の留保といって、万が一クレジットカード保持者が自己破産をしたときに優先的に商品を回収できるように定められた法律です。

そのため、クレジットカードの支払いが終わっていない商品を売却することは許されておらず、クレジットカード会員の立場を悪用したとして横領罪・詐欺罪が適用される恐れがあるのです。

今まで、横領罪・詐欺罪で逮捕された利用者は存在しません。

しかし、それはカード会社が訴えないからであって、いつ訴えられてもおかしくないということを忘れないようにしましょう。

商品買取方式は違法の可能性がある

クレジットカード現金化の商品買取方式について

いかがでしたか?

クレジットカード現金化の商品買取方式に関しては違法性はありませんでした。

しかし、それを利用するまでの過程に問題があり、ここで違法だとされ逮捕される可能性があるのは現金化業者ではなく利用者です。

今までに逮捕された利用者は存在しませんが、商品買取方式の現金化が利用者にとって危険なのは代わりませんので、現金化を利用するときは商品買取方式は使わないほうがいいかもしれませんね・・・。

安全に現金化がしたいのなら、キャッシュバック方式の現金化業者を利用しましょう。

キャッシュバック方式なら商品の転売をすることもありませんので、横領罪・詐欺罪になることはありません。

また、キャッシュバック方式に関する法律もこちらで詳しくお話していますが、何も問題ないものでした。

キャッシュバック方式の現金化業者の中でも優良店と呼べる業者をこちらのランキングで紹介しています。

安全に現金化をすることができる唯一の方法となっていますので、ぜひ利用してみてくださいね。

クレジットカード現金化の商品買取方式について