手数料は利用する業者によって種類も違がければ金額も違います。

振込される金額が手数料によって大きく変わってしまうケースもあるので取引の際は必ず振込金額を聞くようにしましょう。

ただし聞いてもそれが正当な項目で妥当な金額であるかは利用者の判断になってしまいます。

もし何も知らない人であればよくわからず納得してしまうのではないでしょうか?

手数料だから仕方ないと鵜呑みにしてしまうと、取引している業者が悪徳だと思った以上に損をしてしまいます。

そうならないためにも業者が差し引く手数料の種類や金額を把握しておいたほうが良いと言えるでしょう。

取引で発生する各種手数料

店舗や取引の仕方による各種手数料

クレジットカード現金化は業者を利用したほうが安全で手間がかかりません。

ですが便利に利用できるのと引き換えに手数料がかかってしまいます。

では手数料とはいったいどのようなものになるのでしょう?

取引方法や店舗によって違いがありますがいくつか挙げてみます。

商品の郵送料


クレジットカードで購入した商品を発送する際にかかる費用で、届いた商品を受け取らずにいると換金目的のクレジットカードの使用が成立してしまい利用規約に接触する可能性があります。
また受け取らずにいると現金化が成立しないので振り込まれないこともあります。最近急増しているamazonギフト券Eメールは送料はかかりません。

送金手数料


振込手数料のことで銀行、振込金額によってばらつきがあります。
リピーターになると無料になったり融通が利く業者もあるようです。

カード決済手数料


決済する時にかかる手数料ですが6~10%かかります。

消費税


商品を購入した際に掛かる税金です。

代行手数料


決済代行や買取代行その他それっぽい言い回しで差し引かれることがありますがあまりにも大きな金額を引いてくる業者は悪質といえます。


これらの手数料を予め差し引かれていて、換金率や振込金額を伝えられているのなら納得したうえで取引すればいいですがそうでない場合は注意が必要です。

それが振り込む直前になって差し引かれるまたは何も言われず差し引かれて振り込まれる場合です。

伝えられていた金額と振り込まれた金額が一致せず大幅に異なっていたという話は案外多いのです。

まともな取引が成立しないなどは間違いなく悪質な業者ですしはじめからそのつもりで伝えた金額と振込金額が違うのであれば詐欺業者と変わりありません。

しかし表立って現金化していましたと言える人はあまりおらず損をしても泣き寝入りするパターンが多いようです。

また、なかには取引中止を伝えるとキャンセル料を請求してくる業者もいるようで予め手数料や振込金額は確認したほうがよさそうです。

手数料がかかるのは仕方ないが取引は振込金額を確認!

手数料がかかるのは仕方ないが取引は振込金額を確認!

取引を行うにおいて業者も経費をかけて即日現金化サービスを提供します。

その手数料はしかたのないものですが、提示している換金率がすでに手数料込のものであるのが普通ではないでしょうか?

後から手数料を伝えて差し引くのはあまり利用者思いではありませんし、またその業者を使おうとはおもいません。

ですが優良な業者もそうでない業者も利用してみないとわかりません。

なので必ず振込金額を前もって確認することが大切です。

もし返答を濁す業者や何もかからないという業者は注意しましょう。

即日現金化比較のトップページ