詐欺をおこなう悪質な現金化業者の手口を公開

MENU

違法な現金化業者とは

違法な現金化業者とは

 

皆様もいろいろなサイトで悪質な現金化業者や違法行為を行う業者を目にすることがあると思います。

 

このページではこのような悪質な現金化業者の存在をさまざまな点から暴いていきたいと思います。

 

この数年で現金化業者を利用する方が増加の一途たどっていますが、利用者をくいものにする違法行為とはどのようなことでしょうか?

 

まず違法行為とは貸金行為や騙す、脅す、悪用するなどがあります。

 

初めて現金化をご利用する方はクレジットカード現金化はお金を借りることと混同しがちですから知らない内に貸金行為を行う違法業者を利用してしまうこともありますのでお気をつけ下さい。

 

明らかに詐欺を行う業者や恐喝を行う業者は数少ないですがもっとも気をつけなければいけないのがクレジットカードの情報を伝えてしまうことによる悪用です。

 

クレジットカードのカード番号、有効期限、名義があれば決済できてしまいますし、なかにはカードを送らせるとても危険なグループもあります。

 

悪質な違法行為を行う業者を見極め、被害に合わないためにも違法現金化業者の実態を知識として身につけておくことはとても大事なことになります。

 

違法な現金化業者の手口

違法な現金化業者の手口

 

まず、主にこのような悪徳業者は現金化を隠れミノに恐喝行為、詐欺行為などを行い、具体的には以下のようなものになります。

  • 申し込みをしたが他の業者を紹介された
  • 手続きを済ませたが振込されない
  • 恐喝まがいに無理やり契約させられた
  • クレジットカード情報を聞き出された
  • キャンセルを申し出たらキャンセル料を請求された

このような業者があればすぐに取引を中止した方が良いでしょう。

 

ただ、初めてクレジットカード現金化を利用しようとお考えの方には不安を煽るような事を言うようですが、そこはご安心下さい。

 

当サイトでご紹介しているサイトは違法行為はしておりませんので是非クレジットカード現金化をご検討の方は現金化即日業者リストよりご参考下さい。

 

ではそれぞれの手口について詳しくご説明していきましょう。

 

申し込みをしたが他の業者を紹介された

クレジットカード現金化の紹介屋詐欺の手口

 

現金化業者に申し込みや問い合わせをするともっと良い条件で利用できるなどといい別の業者を紹介されるケースで、闇金や振り込め詐欺業者などを紹介する手口です。

 

もし問い合わせ先から何処か違う業者を紹介されたら注意して下さい。決して普通の業者はそのようなことはしません。

 

手続きを済ませたが振込されない

クレジットカード現金化の入金さなかった事例

 

商品を購入したが振り込まれない、買取商品を送ったが入金されないなどクレジットカード決済をした後連絡が取れなくなるケースです。

 

なかには振り込み回数をわけて最初の数回だけ振り込みあとは振り込まないようなところもあるので一括で振り込めない業者は取引を断りましょう。

 

恐喝まがいに無理やり契約させられた

クレジットカード現金化業者に恐喝された事例

 

現金化をすることは利用者にとって違法ではありませんがjカード会社が定める利用規約には禁止されておりそれを理由に恐喝まがいに低い換金率で取引をさせられるケースです。

 

クレジットカード情報を聞き出された

現金化でクレジットカードが不正利用された事例

 

業者が運営する通販サイトや決済代行のため利用者のクレジットカード情報を聞き出す手口です。

 

カード情報を聞き出すために携帯電話でカードの表面と裏面を撮影してその画像を送らせたりクレジットカードそのものを郵送させる大胆な手口も報告されています。

 

キャンセルを申し出たらキャンセル料を請求された

クレジットカード現金化のキャンセル料詐欺の事例

 

手続きを進めていき振込金額を確認して見ると少し話が違うことに気づき取引の中止を申し出たところキャンセル料を請求されるケースです。

 

商品を購入したり、送ってしまう前に再度振り込みの日にちや金額を確認しましょう。

 

もし購入が済んでしまったりするとキャンセル料を払うと損をしてしまうことから当初の条件とはかけ離れた条件での取引を泣く泣くしなければ行けなくなってしまう事例も起きています。


悪質な業者の共通点

悪質な業者の共通点

違法な手口で行われる現金化を隠れ蓑にした悪徳業者には共通点があります。

 

そもそも商売としてではなく搾取するもくてきなので運営する業者の所在地が不明であったり、サイトの作りがあまり手のかかっていなかったりなどは代表的な例です。

  • 悪質な業者の共通点
  • 所在地が不明
  • ホームページの作りが貧相
  • 担当者が頻繁に変わる
  • 振り込み前に手数料など請求してくる

 

このような業者は悪質な業者の可能性が高いのでしっかりと振り込みの関することや金額に対して確認を取るようにしましょう。

 

もし怪しいと思えば即刻取引を中止しましょう。

 

そのようなリスクを感じたら当サイトの現金化即日業者リストをご参考下さい。

 

安心してご利用できる業者を掲載しています。

 


悪質な業者を見分けるポイント

悪質な業者を見分けるポイント

悪質な業者の手口、共通点をふまえて見分けるポイントをまとめてみましょう。

 

同じことになってしましますが悪質な違法業者は商売ではなく搾取が目的なので利用者の事はあまり考えておらず、リピーターになってもらうなどとは毛頭考えておりません。

 

ですから見分けるポイントとしては電話対応が雑だったり質問に対して曖昧な返答をするなどが挙げられます。

 

  • 換金率に関してはホームページに記載されている
  • 内容は本人確認しないと正確にお教えできない
  • 断ろうとしたがなかなか電話を切らしてくれない
  • 良いことばかり提案してくる

一度断ったが何度も営業電話がかかってくる

 

以上がよくある実際に問い合わをしてみて悪質な業者を見分けるポイントになります。

 

優良な業者は利用者が納得した上で契約をしますし、また次回利用してもらうために融通を利かしてくれるところさえあります。

 

逆に違法な行為を行う業者はそれを悟られないように話をすり替えたり伝えないといけない内容を全く話しません。

 

もし損をしない現金化をなさるのであれば業者選びも大事ですが実際に問い合わせてみないとわからないこともあるので2,3社に申し込みをいれて担当者と話をしてみるのが一番いいのかもしれません。

 

その際決して忘れてはいけないのが、何を購入するのかいつ振り込まれるのか振込の金額はいくらなのかこの3点をはずさなければまず悪質な業者と取引をせず済むのではないのでしょうか。

 

即日現金化のトップページに戻る